テーマ:うどん

大介うどん 重信店@東温市

年をとったなぁと思うのは、たくさん食べられなくなったという現実を突きつけられてからです。回転寿司32皿とかカレーハウスCoCo壱番屋の2kgカレー(今はやってません)とか、喫茶マウンテンとか、武勇伝には事欠かないのですが、今じゃあ全然です。しかし、大食いには未だになんとなくロマン(?)を感じたりして・・・で、こんなシステムのお店が気にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

踊るうどん永木@松山

三津では、他にもいろいろなものを食べました。そのうちのひとつが、松山で評判のうどん屋、「踊るうどん永木」です。 ちょうど、Four Seasonsの隣のビルだったりするのですが・・・・あ、訪問したのは別の日ですよ。店内は、カウンターとテーブル二つ。10人くらい入れる感じの小さなお店です。形態は一般店のタイプになります。さて、メニュ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

うどん棒 本店@高松

高松うどん地獄第3弾です。朝食を抜いてきたのですが、1日3件のうどん屋めぐりお疲れさんです。自分語りをしてもしょうがないのですが、うちのブログ、ご飯物の出現率が異常に低いです。単身赴任先の自宅も、お米はありません。炊飯器もここ3年くらい使っておらず、ご飯が食べたくなったら、真空パックのご飯を買ってきている状況。うどん、ラーメン、パスタな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

うどん処 さぬきや@高松

「手打十段 うどんバカ一代」から程近い場所に、お客さんがたくさん入っているお店がありました。それが、「うどん処 さぬきや」です。 店内に入ると、セルフのお店ではなく、席に座ったら注文をとりに来る一般店です。最初に書いたとおり、満員のお店ですから、座れたのは座れたのですが、相席ということになります。メニューはこんな感じです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

手打十段 うどんバカ一代 @高松

高松に行って来ましたシリーズ第2弾!めくるめく讃岐うどん地獄編です。今回は、仕事がらみなもので、辺境の地にあるうどん屋に行くことができません。うどん通に言わせると、さぬきうどんは、お店の裏に行って自分でねぎを切ってきたり、山奥の渓谷沿いで、蒔きで炊いたお湯で茹たりといったお店が評価がたかいのです。なかなかと難しいものです。それはそれで、…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

高成 (こうなる)@松山

ブログ村の愛媛情報で第2位になりました!!!皆さんありがとう。愛媛で見てくれている人も増えてきているようです。すごいうれしいです。カープも8年ぶりの7連勝中です。うひょひょひょひょ。これからもよろしくお願いします。 さて、ご存知のように、うどん喰いの私。(まぁ、なんでも食べるんですが・・・)以前も書きましたが、うどんについては、自分で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

どん兵衛 関東味(再編集)

さて、東京出張です。今までは、東京出張は新幹線でしたが、松山からということで、飛行機の方が効率がいいとのことです。電車が好きなんで、新幹線にしたいのですが、わがままは聞いちゃあくれません。今回の旅行で前から気になっていた疑問を解決しました。それは、どん兵衛は、関東と関西で味が違うということです。それに、なんでも関東のどん兵衛は液体のつゆ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

玉川

大型連休中は、仕事の関係で広島には帰れず、ちょっとずらしての帰省です。さて、鷹野橋探検隊。商店街の「だんだん」が解体中でした。 繁盛していたようなんで、廃業ではないと思うのですが、もともと、海の家みたいなお店だったので、ちゃんとした店舗にするのかな?ぶらぶらしていると、インドネシア料理の「ワルン・マタハリ」のビルに、新しいお店が入…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アサヒ@松山

前回は「ことり」を紹介させてもらいました。その流れで訪問したのが、もうひとつの、鍋焼きうどんの有名店、「アサヒ」です。 この佇まい。昭和を色濃く残しております。こんなところも目を引きます。 創業は、昭和22年。「ことり」より2年早いようです。こんな張り紙が。 「甘い物がなかった創業の頃に、甘みを求める人達のためにできる…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ことり@松山

ここは、ぜひ行ってみたかったんです。昭和24年創業、映画「がんばっていきまっしょい」で田中麗奈演ずる悦ねぇが2皿並べて食べていた鍋焼きうどんのお店。「ことり」です。 銀天街のアーケードからちょっと入った、そこだけ昭和みたいな路地にお店がありました。雰囲気がなかなかそそります。店内に入ると、おばちゃんたちがいっぱいはたらいています。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

元祖 伊予うどん 本家 小田吉@松山

松山城に登るロープウェイへ続く道は、きれいに整備されていて、観光客の皆さんを迎える準備ができています。さぁ、ETC搭載車で松山へ。それはともかく、その、ロープウェイ街で、なかなか惹かれるお店がありましたのでご紹介。 伊予うどんとのこと。やっぱり地元の味を楽しみたいですね。しかし。 2時間半しかやっていませんし、なんかわかりづ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

讃岐手打ちうどん 味十味@松山

うどん瓢月から、200メートルくらい松山市内よりに行ったところにあるのが「讃岐手打ちうどん 味十味」です。 先ほどの瓢月と比べると、民芸風の建物です。四十八番札所の西林寺前にあります。店内に入ると、かなり広いお店です。ただし、広いのは厨房。その厨房を囲む形でカウンター席があり、小上がりが4席くらいあります。おじさんとおばさんのご夫…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

手打ちうどん 鶴鶴 清水町店@松山

ブログのコメントで教えていただいた、松山の名店、手打ちうどん 鶴鶴の清水町店に行ってきました。 本店もそんなに遠くないところにあるようですが、なんで、清水店かというと・・・・・・携帯のGPS機能に聞いてください。それ以外にあんまり意味はありません。 実は、うどんに関しては、かなりうるさい私です。前にもちょっと書きましたが、坂出の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

彦江製麺所@坂出

坂出でうどん屋めぐり。最後のお店は、「恐るべきさぬきうどん」第3巻でいう、S級(競輪じゃないよ)のお店として取り上げられています。直接お店の前まで車を入れることは出来ませんので、駐車場から100メートルくらい歩きます。住宅街の中に忽然と現れるプレハブの建物。看板は出ていませんが、営業時間の8時40分から14時までは行列ができてたりするの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家康@坂出

さて、所用が済んで本山駅からまた坂出に戻って参りました。でも、せっかく戻ったのですから、もう少しうどんを食べてから岡山に帰りたいと思います。そこで訪問したのが、こちら、かえしうどんのお店「家康」です。 店内に入ると、席はかなりあります。かなり広いお店です。お昼をかなり過ぎていたからか、客さんはまばらでした。こちらは、普通のセルフの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

駅のうどんや@豊中町

さて、坂出に一泊して、翌日は予讃線を西条方向へと出発です。広島の方にちょっと豆知識。JR四国の一日の乗降客は、広電の乗降客とほぼ同じ。(へーボタンはこちら↓) それはともかく、坂出から40分くらいで豊中町の本山駅に到着します。そんでもって、つれあいは御用があります。私はと言えば、ちょっと狙っていたうどん屋がありましたのでそちらにま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀城庵坂出駅店@坂出

所用があって、坂出に行きました。広島に住んでいたころは、四国に行くというと旅行気分でしたが、岡山から四国に行くのはマリンライナーが1時間に1本から2本とおっていますので、ホントにひょいひょいです。坂出までだったら40分くらい。高松までいっても1時間くらいです。この地の利を生かして、岡山県は「中四国州」の州都を狙っていますがどうなることか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more