立ち飲み屋 火場忠

広島の新しい立ち飲み屋さんの話題が、ここんところなかったのですが、評判とか噂とかはいろいろ聞いていました。特にこちらは、某立ち飲み上級者のブログで紹介されてて、つれあいと、早くいかなきゃと言ってたお店です。裏袋の「立ち飲み屋 火場忠」です。
画像

場所は、魚が上手いと評判の「酒菜処 きっすい」の下。コンセプトが違うのでうまく住み分けが出来ているようです。しかし、このあたりは、本通から1本は行っただけなんですが、落ち着いた風情があります。
画像

まずは飲み物です。生ビールが380円は驚きです。そして、一部を除いて同じ380円。嬉しい限りです。日本酒は、あるものしかないという感じで、本日は、藤井酒造の宝珠とか三和桜の生一本とか、面白いものがそろっています。藤井酒造の宝珠をいただきました。
画像

手元にこんな注文票がありました。
画像

こちらに書いて注文するようです。しかし、カウンターの常連の皆さんは、全く関係なくどんどん注文しています。さて、こちらに来て、ぜひ食べたかったのが、自家製の薫製。本日はこちら。
画像

チーズと白子とエビ。その中から、チーズと白子をお願いしました。
画像

これが、どちらも美味しい。チーズは口の中でとろけ、うまみとスモーキーな風味が広がります。ワインがあるといいなぁ。白子の薫製なんて初めて食べました。こちらは、チーズと比べてパンチはありませんが自然な、スッキリとした美味しさです。こっちは、日本酒に合います。今日のお造りは、たことカンパチ。当然両方いただきます。って、写真がないや。生ダコが立ち飲み屋で食べられるって不思議ですね。さて、調子に乗っていろいろ食べたので、写真でご紹介。
画像

すじポン。
画像

アボガドのあぶり。
画像

じゃこてん。
画像

カンパチのカマ。
画像

酒盗のブルーチーズ和え。これは、衝撃的にうまかったです。元洋食のシェフだったという店主の料理。ごらんのように、立ち飲みのレベルを軽く超えています。結局、料理を7品、つれあいと二人で、日本酒やらホッピーやら次々に注文して、だいたい7杯から8杯飲んで5000円くらいでした。こりゃあ、あっと言う間に有名店になりそうですな。
さて、そんな驚きの立ち飲み屋訪問でしたが、今回は、更なるサプライズが!最初に書いた、立ち飲み上級者のブロガーさんに遭遇しました。思い起こせばつれあいのたっての希望で、JR広島駅方面で、今年の2月ころ、「あの人に合いたい」シリーズをやってみたりして、つれあいの憧れの人だったのですが、ついに出会ってしまいました。ブログのイメージと違って、長身のダンディな紳士です。つれあいは、完全に舞い上がってしまって、「折角だから話せよ」と言うのですが、ずるずると後方に下がって、信じられないくらいの勢いて酒を注文しています。すいません、意外と小心者なんです。話しているとお知り合いの飲み友達がどんどん集まってきます。リアルでも人気者。ただ、「会社でも若い女の子にモテるでしょう」と話を振ったら、「モテるよ」とあっさりお答えになったのは、いかがなものか。ちょっとは謙遜してもらいたかったですよ。
ご本人、今日は鳥取出張とのこと、お気をつけて。うまい魚が待ってますよ。

ブログランキング参加中 バナーをクリックしてやってくださいね。励みになります。

広島ブログ

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
にほんブログ村


立ち飲み屋 火場忠
住所 広島市中区袋町2-28
☆☆☆☆☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
かわいい

この記事へのコメント

korikori
2009年08月20日 17:17
先日はどうも! ご夫婦で仲良く飲み歩き、食べ歩き、羨ましいかぎりです。またよろしくお願いします。
 次回はもっと謙遜いたしましょう(笑)
coolbutaman
2009年08月21日 05:07
大変楽しかったですね。また、どこかでお会いできたらいいなぁ。今後ともよろしくお願いします。
有吉
2013年07月06日 01:51
内にブログ掲載禁止とか撮影禁止とかの張り紙があったので気になりネットで調べるといろいろ書かれていました。
ふらっと一人で入りました。
まずカウンターが数席空いているのに奥のテーブルを案内されました。
カウンターの方がよいと女性に告げると少し嫌な顔をされしぶしぶ案内されました。
数人の常連?さんがいて女性スタッフと店主がゴルフの話しで盛り上がっていました。
30分くらいいましたがまったく私は無視されてました。
無駄なお金と時間でした。
もう二度と行きません。

この記事へのトラックバック