鯛メシ専門店・鯛や@松山

こちらのお店。うわさを聞いていたので、早く訪問したかったのですが、6月中は休業で残念。それでは、ということで、7月2日の営業開始を待って、本日、行って来ました。鯛メシ専門店・鯛やです。
画像

1日30食限定要、要予約。天然鯛の鯛めし定食@1500円で有名なお店です。
画像

お店は民家を改造・・・せずにそのままの風情です。ご自宅に招かれたような雰囲気で座敷に入ると、お品書きです。
画像

基本これだけなんです。でも、飲み物もちょっとあります。
画像

まずはエビスビールをいただきます。
画像

ビールには二名煮(ふたなに)が付いてきます。二名煮をつくる三和食品は、なんと明治22年創業の、100年近い歴史のあるお店とのこと。瀬戸内海の小魚はビールのあてにばっちりです。そして、お待ちかねの鯛メシ・・・は、後からお櫃でやってきます。そのにこちらが・・・・
画像

見ているだけでにやにやしてしまいます。美味しそうです。まずは天然鯛のお刺身。
画像

松山市中央卸売市場水産市場は、日曜日はお休み。ふ、ふ、ふっ・・・実は、鯛は一日置いた方がうまみが乗るのです。肉厚でぷりぷりで・・・うまみがしっかり乗っています。ちょうど食べごろでした。
画像

トラハゼの甘露煮は、やわらかくて頭からいただけます。さぁ、うまいうまいと喜んでいるうちにメインイベンターの登場です。
画像

炊き込みご飯に身をほぐした鯛が乗っています。東予の今治鯛めしです。(南予、宇和島の鯛めしは、鯛の刺身を特製のタレにつけ込み、生卵・ゴマ・きざみネギなどの薬味といっしょに混ぜたものを、炊きたての御飯の上にかけて食べます。これはこれでまたいただきたいものです。)これは3人前になります。結構量がありますね。
画像

茶碗によそっていただきます。おお、これはまたすばらしい。お刺身と違って、ふくよかな食感と、よりしっかりとしたうまみがあります。ご飯の味付けはかなり押さえ気味の上品なもので、鯛のうまみをより強調させています。幸せ・・・・そして、あらを使ったお吸い物。
画像

鯛だけで味を出して、最小限の塩味を利かせたお吸い物。あらもしゃぶり尽くしてしまいました。満足満足・・・・でももう一品。
画像

たこてん@500円もいただきました。前に置いてあるのはソースです。三津浜では、昔からソースをつけて食べるとのこと。これが、たこがぷりぷりしているし、しっかりした味でおいしゅうございました。
お料理の味だけではなく、このお店の雰囲気もなかなかいい感じです。古民家や古民具をセンス良く利用しています。見回すとこんなのもありました。
画像

昔は競馬場もあったんですね。2階には三津浜資料館があるのですが、残念なことに、今回は松山観光港からフェリーに乗らないといけないので、時間的な余裕がありませんでした。次回は覗いてみたいと思います。
それにしても三津浜は美味しいものがたくさんあります。観光港からは、タクシーで1000円くらいですので、宇品港を午前中に出て、昼食をこちらでというのもいいかもしれませんね。三津浜港からは松山市駅行きのバスも出ていますし、もちろん、伊予鉄の駅もあります。みなさんも気に入ると思いますので、ぜひ、遊びに来てみてください。

ブログランキング参加中 バナーをクリックしてやってくださいね。励みになります。
広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 愛媛情報へ
にほんブログ村

鯛メシ専門店・鯛や
住所 松山市三津1-3-21
TEL 089-951-1061
http://www18.ocn.ne.jp/~taiya/
☆☆☆☆☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック