お好焼平和 高井店@松山

松山に居ようが、広島に居ようが、お好み焼きというものは、食べたくなったら我慢できなくなるということは、万国共通であります。体の奥の方から突き上げるソースの欲望に耐え切れなくなり、訪問したのがこちら、「お好焼平和 高井店」です。
画像

川沿いの落ち着いた雰囲気のお好み焼き屋さんですが、私が広島で行っているタイプのお好み焼き屋とはちょっと趣を異にします。店内に入ってみると、テーブルのそれぞれに鉄板があります。関西風のお好み焼き屋さんです。メニューはこちら。
画像

お店の名前のついた、「平和焼き」@950円にそば@100円をつけました。そして、ほどなくやってきたのがこちら。
画像

えー・・・・っと。すいません。関西風なんで、こんな形で出されることは、頭の中で理解していたのですが、実際出されると、数秒間、脳みそが機能停止していました。これをどうすればいいのか、全く思いつかなかったのです。そうだ、これは混ぜなくてはいけないのだ。
画像

そして、そば・・・・・すでにソースを付けて焼いているようです。それで、こんな具合にしていました。
画像

これでいいのかな?焼きながら、週刊新潮を読んでいると、こんな記事が。
画像

秀樹もお好み焼きを食べてないようです。さて、焼けたようですね。ソースと青海苔をトッピングします。
画像

なんか、それらしくできました。それではいただきます。
画像

こんな風に切っていただきました。そして、味噌汁がついてきます。
画像

食べ終わると、麦茶とぜんざいのサービスがあります。なんという心使いでしょう。
画像

こちらのお店。素材にこだわりがあり、出来るだけ自然で新鮮な食材を提供しています。どれもおいしくいただきました。しかし、私の焼き方は、かなり未熟だったようです。他のお客さんを見ていると、私みたいに、こんもりとした状態でなく、最初からかなり薄く延ばして焼いています。私の焼き方だと、中心部分がまだ十分熱が通ってなかったりして、ぼそぼそした感じが残るのです。多分、上手な人が焼くと全く違うのでしょう。私では、せっかくの素材の良さを、十分に引き出すことができませんでした。また、そのあたりの技術を磨くのも関西風のお好み焼きをいただくときの楽しみなのかも知れません。広島のお好み焼きは、出来上がった状態で提供されますが、やはり同じ素材で同じお店で作っていても、焼き手が変わると微妙に味わいが変わってきます。例えるなら、関西風のお好み焼きが手巻きすしの楽しさならば、広島風は握りすしです。どっちがいいとかの問題ではないと思います。もっと、精進して、上手にお好み焼きが焼けるようになりたいと思います。

ブログランキング、バナーをクリックしてやってくださいね。励みになります。
広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 愛媛情報へ
にほんブログ村

お好焼平和 高井店
住所  松山市高井町1100-1
TEL 089-970-5040
☆☆☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ヤス
2009年05月29日 23:33
こんばんは。
私が高校生の頃はこの店は千舟通りにありました。
平日はお袋が作ってくれた弁当を持って登校してました。土曜日は半ドンで弁当作りはお休みでしたが部活があるのでお袋にお昼代として500円もらってました。
土曜日の午後、部室に行くと先輩が
「お好み焼き食いにピンフに行くぞ。」
と誘ってもらうのが15歳の小坊主には(大人の階段昇ってるな~。)という感じで嬉しかったのを覚えています。
当時は各テーブルに自家製のマヨネーズが置いてあったのですが、これがシャバシャバっぽくて酸っぱくて旨かった~。必要以上にかけて食べてました。

広島に来た頃は、お好み焼きを食べに行っても
「野菜炒めをクレープで包んだものなんか食えるか~、平和のお好み焼きが食いたい~。」
と思っていました。
広島市内に数軒ある徳○さんもちょっと違うんですよねぇ。
今では広島のお好み焼きも大好きですよ。

銀天街のはずれの「葵」というお好み焼き屋さんもお気に入りでした。今もやってらっしゃるのかなあ。

coolbutaman
2009年05月30日 06:17
お好み焼きって、そんな小さなころの思い出とつながっていることが多いですね。広島の地元の人に聞くと、それぞれのホームグランドがあるようです。松山のホームグランドを見つけたいと思います。
ちいちゃん
2009年05月30日 23:02
私は関西風がどうしてか苦手で、半分ほど食べると飽きちゃうんです。たこ焼きは好きなんですけど、イマイチ同じじゃないかと感じてしまいます。幼少期は関西風のお店しかなくて、お好み焼きは私の食べるべきものではないと思っていました。高校生の時三津浜の友人に誘われて久々にお好み焼きを食べて美味しさを再発見しました。広島との玄関口だからでしょうか。三津浜には結構老舗の広島風のお好み焼き屋さんがあるんです。地元の人に言わせると「三津浜風」と直されますが。広島では牛肉を入れたお好み焼きってあるんですか?後、そばは付き物ですよね?三津浜はそば台、うどん台とか選ぶんです。最近食べていないので分かりませんが街中より割安だったように思います。
ちいちゃん
2009年05月30日 23:27
連投です。
広島では「おこのみ村」で2件ほどハシゴしました。まだあるんですか?そばはラーメンみたいに茹でることや、イカ天やとろろ昆布が入っているのに驚きました。旅行者としてはいろいろなお店の味を楽しみたいのだけどボリュームありすぎです。結局行っている間ずっとお好み焼きというパターンです。どこに入ってもその店の味があって美味しくないと思う処がなかったです。
地元の人しか行かないだろうと思う小さなお店にも有名人のサインがあるのでびっくりしました。今度行く機会があればTVで見た「山賊むすび」というのと本場の「ガンス」が食べてみたいです。(松山にもあるんです。広島発祥とは知りませんでした)
ちなみに私が松山でオススメするお好み焼きやさんは、平和通りと、椿神社表参道沿いにある「すみれ」です。
2009年05月31日 05:18
どうもありがとうございます。おすすめのお店いってみます。ところで、広島のお好み焼き事情ですが、私の自宅周辺約500メートル内に、たぶん6軒のお好み焼き屋があります。ひょっとしてもっとあるかも。そのくらいの密度であっても、それぞれお客が入っています。普通の常識では考えられません。お好み村もいいですが、大阪風と違って、広島的には、トピングはあまり好まず、そば肉玉を注文する場合が多いようです。紅ショウガやマヨネーズも一般的ではありません。面白いですね。さて、「ガンス」は、子どものころよく食べていました。宇和島で言えばじゃこ天の感覚かも。それと、山賊むすびは、広島というか岩国ですね。広島人にとっては、免許を取って初めて行くドライブが「岩国の山賊」だったりするので、共通体験としてビルトインされています。初めてのデートが山賊!などという話もちらほら。高速1000円効果で、しまなみが大人気ですが、広島も楽しいので来てみてください。

この記事へのトラックバック