中華料理 太白@松山

道後温泉は、日本でも有数の温泉だけあって、お客さんも全国からいらっしゃいます。温泉旅行と言えば、ついついリラックスして、開放的になりいろんな意味でたががはずれてしまいます。ですから、そんな旅行者の気持ちにマッチした大人の遊び場なんかがたくさんあったりするわけです。そんでもって、こんなことになったりして・・・・・・
画像

なかなか怪しい雰囲気満載です。ということで、行ってまいりました。こちら、
画像

え、いやだなぁ、おいしいものブログだから、当然食べ物関係ですよ。ご紹介します。「中華料理 太白」です。って、ちょっと期待させちゃったかなぁ・・・・しないか。で、とにかく、入るのに結構な勇気がいりました。こちらのお店に関して、なにも情報がなかったのです。でも、その佇まいの雰囲気に引き寄せられてしまったのです。見てみると、年季の入ったガラスケースに張り紙が・・・・
画像

お値段は、かなりリーズナブルです。ということで、思い切って入りました。
店内は、かなり狭いです。それに・・・・・・
画像

こんな感じで積みあがっています。60代くらい(もうちょっと上かな?)のご夫婦で経営されてる様子。向かいのスーパーの店員さんが先客でいらっしゃいました。メニューはこんな感じ。
画像

壁にはお勧めメニューが貼ってあります。
画像

安いなぁ。お母さんが注文を取りにこられ、ラーメンを頼んだのですが、「太白ラーメンが人気あるよ」ということなのでそちらにしました。待ってる間に電話が・・・・・
画像

なつかしの黒電話です。近所の方が、焼きそばやチャーハンを、取りに行くので作っておいて、という注文です。そんなこんなしていると「太白ラーメン」がやって来ました。
画像

なるほど、これは面白いです。あんかけラーメンといった感じでしょうか。天津飯の餡のようなスープです。いただきます。とろみのあるラーメンで、なかなか面白いです。具もたっぷり入っていて、これで420円なら、かなりお得感があります。ねぎラーメン300円も興味が沸いてきます。次回、そっちも食べてみましょう。
そんな感じで、いただいていると、ご近所さんがいらっしゃいました。こちらも注文を受け取りに来たようです。お母さんとの世間話が始まりました。聞くとはなしに聞いていると、休日でお子さんのご一家がお孫さんを連れて帰ってきているとのこと、高速道路の割引のおかげか、商店街のお客さんが日ごろより多いようです。なるほど、景気対策のおかげで、松山に観光に来る方が増えているようです。今年は、NHKで、「坂の上の雲」もドラマ化されますしね。で、奥さんが、
「商店街に人が増えてもこっちにはぜんぜん入ってこんね。」
いや、つーか、こちらのお店、観光客にはかなり敷居の高いお店です。「お母さん、そりゃあ無理ですよ。」と心の中で突っ込みを入れるのでした。

ブログランキング、バナーをクリックしてやってくださいね。励みになります。
広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 愛媛情報へ
にほんブログ村

太白
住所 松山市道後湯之町16-13
TEL 089-941-8388
☆☆☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

2009年04月19日 09:20
太白を発見するとはさすがです。
それも太白ラーメンを

ところで、太白の超ド級のメニューは、「スブタランチ」です。たぶん「オーソドックス酢豚(勝手にジャンルを命名)」の世界では、味・値段の安さともに世界一です。酢豚のタレと白飯との絶妙なマッチングを一度堪能してみてください。

あと、試していただきたいのが、
オムライス
(いつか食べた少年時代にタイム・スリップできます。香ばしさがベリー・グッドです。)

トリ天・エビ天
(特製焼き塩は、道後松山の秘宝と言えます。「トリ天ランチ」という手もあり。)

天津飯
(見た目は普通ですが、味はたぶん日本中探してもどこにもない意表を突くテイストです。他のオカズに寄り添うことのできる世にもめずらしい天津飯です。太白ラーメンもそうですが、太白のおじちゃんは玉子の扱いが巨匠レベルなのだと思うのですが。)

また、行って味を確かめてみてください。では。
2009年04月19日 10:03
なるほど、知らぬこととはいえ、大変なお店に入ってしまったようです。太白のディープな世界に、どっぷりと浸かってみたいと思います。酢豚ランチあたりから順次体験してみます。情報、ありがとうございました。あと、この近所に、怪しいラーメン屋があるとのこと、実はその下見で訪問したのです。そちらも、近々に訪問してみたいと思います。

この記事へのトラックバック