そばの店@岡山 2回目

清輝橋のそばの店(前回の記事)は、かって、岡山の人気ラーメン店としてトップクラスだったのに惜しまれつつ閉店した商人のラーメンを復活させた味だと話題になったお店です。1回目の訪問以降、いろいろと思うところがありまして、特に、1回目の記事で、ここのラーメンを「牛骨で牛筋みたいだ」なんて言っていたのに、実は豚骨鶏ガラの手羽先コラーゲンだったりして‥‥‥だめじゃん、おれ。
画像

でも、考えてみれば、このお店のすごいところは、そんな伝説のラーメン店と比べられることを承知で同じ場所で勝負しているところです。なかなかできることではありません。私も行ったこともない「商人」への期待が大きすぎて、正当な評価が出来ていなかったのではないかと反省していました。そんなことで、ずーっと気になっていたのですが、私の生活圏からかなり離れているし、私、車が運転できないので、バスと路面電車を乗り継いで訪問する必要があり、なかなか2回という訳には行きませんでした。しかし、自分の中でいつも引っかかっていたので、意を決して再挑戦!行って参りました、そばの店。
画像

真っ赤なちょうちんがお出迎えです。前回と変わったところを確認すると、メニューに肉そばが増えています。
画像

あと、煮玉子とか替え玉とか。店内は相変わらず明るいし、感じのいい接客も以前のままです。それでは中華そばを注文しました。
画像

最初にカツオ風味が、追っかけて醤油味風味が感じられます。結局、この和風出汁とコラーゲンの風味で「おでんみたいな味だ」という感想を持ったのだと思います。今回も、確かにそんな感じはしますが、あまり気になりません。改めて味わってみると、塩分や強烈なうまみで引っ張るようなラーメンとは違うものを作りたいという意欲が良くわかります。と、卓上を見ると、一味が置いてあります。コショウはありません。確かにコショウは合わないかも。この一味を、がーっと振りかけます。すると、おーパンチが出て来てうまい。いいじゃん。この食べ方もかなり行けます。チャーシューもうまうまとろとろです。岡山のラーメンの特徴ともいえる太めのストレート麺は、ややもったりとした重い感じですが、このスープには合ってるかも。おいしいです。
思い起こせば、前回は、開店の30分前から訪れて、店の前の陸橋のたもとでぼーっと待っていたら、不審者の目で見られ、かなり入れ込んだ状態でした。やっぱ、平常心!これが大事です。


ブログランキング、バナーをクリックしてやってくださいね。励みになります。

広島ブログ

にほんブログ村 グルメブログ 中国地方食べ歩きへ


そばの店
住所 岡山市清輝橋2丁目2-12
電話 086-223-3444
☆☆☆☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

斉藤
2009年01月31日 10:38
画像で見る限り昔より泡立ちが少ないような・・・。
まぁでも僕が行ってた頃の商人はまだ行列もできてない頃で結構昔になるので・・・すでに想像上の味になっていて比較できないけど・・・。
2009年02月01日 06:53
話によると、商人の初期の味だとか。でも、この鰹節の使い方。今でこそ、動物系と魚介系のミックスというスープは見受けられますが、何年も前に先駆的にやっていた商人の先見性には恐れ入ります。さすがラーメン王国岡山だと思いました。すごいね。

この記事へのトラックバック