日本酒備忘録6@岡山

今回の日本酒備忘録は、岡山の酒ばっかりです。岡山弁で言うと、「岡山のぼっけぇうめぇ酒ばぁ」と言うことになります。まずは、こちら、
画像

画像

喜平酒造株式会社 特別純米 伝承備中の酒 
岡山県産の雄町米を使ったお酒です。穏やかな甘みとほのかな酸味、米のうまみが前面に出てきてほっこりと優しい酒です。鼻腔にぬける吟醸香もさわやかな上等なお酒です。
画像

画像

宮下酒造株式会社 極聖 純米酒一番滴(いちばんしずく)
こちらは岡山県産の朝日米を使ったお酒です。飲んだ瞬間にお米のうまみがガツンと来ます。その後に口のなかにうまみと甘みがふわっとかもし出されるおもしろいお酒です。かなり個性的です。
そして、今回一押しの赤磐酒造、「桃の里」です。というのも、こちら、蔵元に行って買ってきました。
画像

いいですよねぇ。この門構え。
画像

ブランド名の「桃の里」岡山らしいいい名前です。蔵の中に即売所があり試飲が出来ます。
画像

2銘柄を買ってきました。まずはこちら。
画像

画像

切れのある辛口、しかし、どっしりとしたうまみが残ります。味の濃い料理に負けない強さがあるように思います。焼肉やすき焼きでもいけそうです。そして、桃の里熟成古酒
画像

画像

濾過していない日本酒本来の色が印象的です。どっしりしたうまみに程よい酸味があります。古酒ならではの角の無い、スムーズかつ落ち着いた味わいは絶品です。鼻腔に抜けるアーモンド系の香りも好ましく思えます。これ、かなり良いです。説明書きの「フルボディーのの純米酒」という「の」が一個多い誤植も、いい味をだしてます。

広島のお酒も美味しいですが、岡山もすごいです。広島のふくらみのある華やかさと比べ、岡山は、米のうまみを前面に出しつつ、すっきりとした味わいのお酒が多いように思います。雄町米、朝日米と、特色のある酒米の産地ですから、個性豊かなお酒が沢山生まれるのでしょう。岡山の地酒探訪も楽しみです。

広島ブログランキング、バナーをクリックしてやってくださいね。励みになります。
広島ブログ

にほんブログ村 グルメブログ 中国地方食べ歩きへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック