スナップ写真のことなど

Googleのストリートビューがおもしろいということで、覗いてみたのですが、これはむちゃくちゃ画期的です。こちらのような美しい風景" とか、こちらのようなGoogle号を写真にとる小学生"とか、部屋にいながらいろんなところへを見ることが出来る面白い機能だと思います。しかし、某巨大掲示板の書き込みなどを見ると、「プライバシーの侵害だ」という意見が多々見られるようです。Googleとしては、顔をぼかす措置をしているので問題ないという考え方だと言うことです。
画像

ミノルタオートコード

以前から、街中でスナップを撮る場合の、肖像権に関する考え方としては、有名人であるとか、ことさら変なところにいる(例えば、ラブホテル街など、そこにいることが知られるだけで、本人に不利益が及ぶもの)場合の他は、「街中を歩いている限り、肖像権は発生しない」という原則があると言われていました。しかし、個人の尊厳が高度に尊重される昨今は、そのような原則も時代遅れになってきているのかもしれません。
ところで、私は、エリオット・アーウィットという写真家がことさら好きで、20年くらい前に買った「幸福の素顔」という写真集を大事に持ってます。彼の写真には、ユーモアーと人間に対する優しい視線があふれています。特に、彼のスナップには強くそれが現れています。そんな写真が撮りたいといつもおもっているのですが、なかなか、思うようにいきません。
画像

ミノルタオートコード

さらに、今のように路上で写真を撮ることが、思うようにならない時代になれば、スナップという写真の分野自体が無くなってしまうかもしれません。悲しいことです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック