モノクロで写すという感覚

デジカメ全盛の昨今、モノクロプリントを行ってるのは、写真学校の生徒くらいじゃないかとおもうのですが、そういう私もモノクロに戻るのはちょっと無理です。そりゃあ、デジカメやパソコン上では、簡単にモノクロ写真が作成できますが、実のところ、ネオパンやトライXを写真機に詰めて街を流すのと、出来上がった写真をモノクロにするのでは、意識の上で格段の差があります。
画像

モノクロフィルムを詰めた写真機で写真を撮ると、形に意識が行きます。形の持つリズムだったり、フォルムだったり・・・ってこのあたり、かなり分かりづらいですが・・・とりあえず、形というか、そんなものに目が行きます。一方、カラー写真(なんか古臭い言い方)では、特に色彩に目が行ってしまいます。モノクロで写真を撮る時は、色彩に関する意識を抑えながらフォルムを探しているようなところがあり、その意識は、モノクロフィルムを詰めるという動作を行っている時点から始まっているように思います。
画像

結局、デジカメで写真を撮る時は、後からどうにでもできるという緩さが、写真に対する姿勢を弱くしているのではなかろうか・・などと感じます。
世の中便利になっていますが、便利なことがすべて良いかと言うとそうでもないのではないか、などと、最近はそんなことをつらつら考えるのですが、年齢を重ねたためでしょうか。


広島ブログランキング参加中です。良かったらポチットクリックしてください。
広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック