森下 ぐじゃ焼き@姫路

いきなり姫路です。今年の5月くらいに行きました。ネットでぐじゃ焼きなるお好み焼きの親戚があると知って、どうでも食べなくてはと思い立ち訪れました。他にも姫路名物のおでんなどもいただいたのですが、それはまた今度。姫路駅から歩いて10分くらいの繁華街からちょっと外れたとこにあります。お店は、小さめの鉄板だけでお客さんは5人くらいしか座れません。古い広島のお好み焼きやのような店です。私たちが行った時は、近所の奥さんたちが3人くらい来てました。こんちわーと声を掛けると、お客さんが移動して場所をあけてくれます。ビールを頼むと、近くのお客さんが出してくれて、手渡しでやってきます。ぐじゃ焼きの作り方ですが、まず小麦粉を鉄板に敷きます。それに、キャベツや豚肉、ねぎ、紅しょうがを載せて、ヘラで混ぜます。しばらく混ぜ込むと粘度があがって来ますので、しばらく放置します。ヘラで、おこげ部分をのこしたまま、粘度が高くなった中身を掬い取ります。残ったおこげをそぎ落とし、これで中身を包みます。と、書いては見ましたが、まったくイメージがわかないのではないでしょうか。森下のおばちゃんの手元を見ながら唖然としていました。広島とか大阪とかいうのと全然違います。食べると、中身がもちもちとして、周りのおこげがカリカリしていて不思議な食感です。今まで食べたことのない感覚で、やや辛目のソースが味を引き締めています。広島風のソースでは、おこげの味わいうを邪魔しそうです。印象深かったのは、、ビニールに入ったご飯を持って、近所の子供がやってきました。なんでもお母さんがまだ帰って来ないということです。森下のおばちゃんは、その子からご飯を受け取り、鉄板に乗せ、キャベツ、豚肉などを加え、あっという間に焼き飯を作ったのでした。いやあーそれのおいしそうなこと。古い広島のお好み焼き屋さんは、戦争未亡人が家の土間でできる仕事としてはじめたとのことですが、近所の人がいろいろ持ち込んで鉄板で焼いてもらって食べてたという話を聞いたことがあります。ああ、ちょうどこんな感じだったんだろうなあと感慨を深くしたのでした。
画像

画像

森下
住所 兵庫県姫路市忍町78
営業時間 11:00~20:00
☆☆☆☆

良かったらポチっとクリックしてください。
広島ブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ぐじゃ焼 森下

    Excerpt: 姫路市忍町にある名物ぐじゃ焼のお店 ぐじゃ焼 『 森下 』 オープンから37年、姫路の忍町にひっそりとたたずむお好み焼き店。 姫路市民なら誰もが知ってるという.. Weblog: 殿のBlog racked: 2008-09-05 03:59
  • ぐじゃ焼 森下@姫路

    Excerpt: 姫路市忍町にある名物ぐじゃ焼のお店 ぐじゃ焼き・お好み焼 『 森下 』 今年3月で創業から39年、姫路の忍町にあるお好み焼き店。 姫路市民なら誰もが知っている名物ぐじゃ焼のお店だ。 .. Weblog: 殿のBlog racked: 2010-02-14 02:00
  • ぐじゃ森下@姫路 お好み焼 ぐじゃ焼

    Excerpt: 姫路市忍町にあるお好み焼屋さん ぐじゃ焼き・お好み焼 『 森下 』 創業から40年、姫路の忍町にあるお好み焼き店。 姫路のB級グルメ「ぐじゃ焼」発祥のお店だ。 たまたま前を通りかかっ.. Weblog: 殿のBlog racked: 2010-04-28 02:00